アーカイブ

ロイシンの効果・効能

スッポンに含まれるアミノ酸のロイシンがどんなものかは、

お話しましたが、

今回はロイシンの効果・効能についてのお話です。

 

ロイシンは様々な研究より以下のような効果があると言われています。

1.筋肉をつくる

筋肉の成長には『分岐鎖アミノ酸』というものが必要で、一般的にBCAAと呼ばれます。

ロイシンはこのBCAAの一種です。

そのため、ロイシンは筋肉の成長に欠かせないアミノ酸と言えます。

また、血糖値の恒常的維持に重要なホルモンである『インスリン』の分泌を増加させる働きがあります。

そのため、ブドウ糖を筋肉の細胞に取り込むのを助けます。

これによって、筋肉の効果的活動にも役立っていると言われます。

インスリンの分泌が適切に行われると、運動時の持久力や瞬発力が高まったり、運動後の筋肉の疲労回復や修復にも効果があります。

 

2.ストレスの緩和

人に多幸感をもたらすと言われている脳内の伝達物質である、エンドルフィンと呼ばれる物質があります。(脳内麻薬とも言われる)

ロイシンはこのエンドルフィンと同じような効果があると言われています。

 

3.育毛効果

髪の毛もタンパク質で出来ています。

よって、タンパク質の構成に大きく関わっているロイシンの摂取は髪を健康に保つ効果が期待できると言われています。

 

アスリートの間では、筋肉の育成に大きく関わるロイシンは大変重要視されているようです。

また、ロイシンは肝臓の機能も高めると言われています。

お酒を飲む方にはいい、アミノ酸かもしれませんね。

アミノ酸、ロイシンとは?

「乙女のすっぽん」のスッポン粉末100gには、

「ロイシン」というアミノ酸が3760mgも含まれています。

このロイシンは、動物が体内で合成することができない必須アミノ酸のひとつです。

必須アミノ酸は栄養分として、食事等から摂取しなければいけません。

ロイシンは、筋肉に深く関わるアミノ酸です。

タンパク質の生成・分解を調整することによって、筋肉の維持にかかわると言われています。

また、子どもの成長にも欠かせないアミノ酸と言われています。

子どもの健やかな成長のためには、気をつかいたいアミノ酸と言えますね。

 

ロイシンは、一般的に以下のような食品から摂取できます。

・大豆(黄粉や豆腐、高野豆腐など大豆製品含む)

・鰹節、鮭、鮭すじこ、鯵

・鶏肉、レバー

・ぶり、かれい、鯵、かつお、イワシ

・チーズ、乳製品

など。

 

以下のような人に適していると言われています。

・疲れやすい人

・免疫力をつけたい人

・筋肉を強化したい人

・肝機能を正常に保ちたい人