アーカイブ

バリンの効果・効能

スッポンに含まれるアミノ酸、バリンがどのようなものかは前回お話しました。

今回は、バリンの効果・効能についてのお話です。

 

バリンは、様々な研究により、以下のような効果があると言われています。

1.筋肉の強化・修復

バリンは筋肉のタンパク質を構成するアミノ酸BCAAの一つです。

そのため、アスリートの中には積極的にこのBCAAである、

バリン、ロイシン、イソロイシンを積極的に摂取する人が多いのです。

 

2.美肌効果

コラーゲン同士を結び付ける繊維状のタンパク質に「エラスチン」というものがあります。

「エラスチン」はコラーゲンを結びつけることによって、

肌にハリや弾力を与えたり、しわやたるみの予防に働きかけます。

その、「エラスチン」を構成するアミノ酸の1つがバリンなのです。

 

3.肝臓の病気(肝硬変)を予防する効果

バリンには、肝臓の重い病気である肝硬変を予防、改善する効果があると言われています。

この病気になると、BCAA濃度が低下し、体内のアミノ酸バランスが崩れ、

それによって様々な病気を引き起こすと考えられています。

よって、BCAAの一つであるバリンを補給して、体内のアミノ酸バランスを整えることにより、

肝臓をはじめとした様々な病気を防ぐことができます。

バリンとは?

「乙女のすっぽん」のスッポン粉末100gには、

「バリン」というアミノ酸が2340mgも含まれています。

このバリンは、動物が体内で合成することができない必須アミノ酸のひとつです。

必須アミノ酸は栄養分として、食事等から摂取しなければいけません。

 

バリンは肌のハリを保つ効果があるので、

美肌にとって欠かせない成分なのです!

バリンはコラーゲン同士を結び付ける働きがあるタンパク質、

「エラスチン」の元です。

つまりは、バリンがないとこのエラスチンをつくることができないので、

バリンはハリのあるお肌のためには非常に重要な役割をするのです。 

 

その他に有名な特徴としては、筋肉を構成するBCAAの一つであるということです。

(ロイシン・イソロイシンのお話で出てきましたね。)

http://suppon.me/suppon/?cat=13

http://suppon.me/suppon/?cat=14

 

一般的な食品では、レバーやプロセスチーズに含まれています。