アーカイブ | 11月 2013

スレオニンの効果・効能

スッポンに含まれるアミノ酸、スレオニンがどのようなものかは前回お話しました。

今回は、スレオニンの効果・効能についてのお話です。

 

スレオニンは、様々な研究により、以下のような効果があると言われています。

1.肌の潤いを保つ効果

肌は『ケラチン』と言われるタンパク質によって構成されています。

スレオニンはこのケラチンの潤いを保つ天然保湿成分(NMF)の大半を占めます。

そのため、スレオニンは肌の潤いを保つのに大きく影響しているのです。

 

2.髪の潤いを保つ効果

髪の毛も肌と同じ『ケラチン』から構成されます。

よって、美しい髪のためにもスレオニンは欠かせない物質なのです。

 

3.肝臓の病気(脂肪肝)を予防する効果

スレオニンには、カラダの代謝を良くする効果もあります。

そのため、カラダの代謝が良くなることにより、脂肪の蓄積も抑えられ、

脂肪肝といった肝臓の病気予防にも効果を発揮します。

【乙女のすっぽん 第8号】アミノ酸と免疫の関係って?

皆さまこんにちは。
乙女のすっぽんメルマガ担当の佐々木です。
いかがお過ごしですか?

「アミノ酸」ってとてもよく聞く言葉ですよね。
体にとって大切っていうのは、ぼんやり分かるけど、
でもイマイチ何にいいのかよくわからないなーという方がほとんどかと思います。

お肌や髪の毛、内臓など人間の体は主にタンパク質と水分でできています。
そのタンパク質を構成する一番小さな部品がアミノ酸なのです。
なので、新しい皮膚や髪の毛を作るのにアミノ酸が欠かせません。

その他に大切なのが、免疫や脳内の神経伝達物質も
アミノ酸が元となっているということ!

なので、風邪にまけない強いカラダと健康な心には、
アミノ酸が欠かせないんですね。
アミノ酸には、体内で合成できないため、
食べ物やサプリなどによって、外部から摂取しなければならないものがあります。
そのようなアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。

すっぽんには、この必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
なぜ、バランスよく含まれていることがいいかというと、
どれかひとつのアミノ酸を摂取しても、効果的ではなく、
人間に必要なアミノ酸をバランス良く摂取しないと、
アミノ酸自身の力が発揮できないと言われているからです。

昔から「なぜかスッポンを食べると元気になる」という風に言われているのは、
この豊富でバランスがいいアミノ酸のおかげだと考えられます。

その他、美麗区のブログでは、アミノ酸に関する話題も
たくさん取り上げていますから是非のぞいてみてくださいね。
(左のメニュー下にブログ記事リストがあります。 http://suppon.me/

体調を壊しやすいこの季節。
めぐりのいいカラダのためにも、
「乙女のすっぽん」は毎日きちんと召し上がられることをおススメします!

「乙女のすっぽん」ご購入はこちら
http://suppon.me/

スレオニン(threonine)とは

「乙女のすっぽん」のスッポン粉末100gには、

「スレオニン」というアミノ酸が1990mgも含まれています。

このスレオニンは、動物が体内で合成することができない必須アミノ酸のひとつです。

必須アミノ酸は栄養分として、食事等から摂取しなければいけません。

 

スレオニンは美しくありつづけたいと願う女性にとって、

とても大切なアミノ酸です。

なんといっても、美肌と美髪に欠かせない栄養素だからです。

 

若々しさのためには、肌だけでなく、髪のハリ・ツヤが大きく影響してきます。

ついつい肌の方に気を取られてしまいますが、

「髪は女の命」。

美髪にも心がけたいですね。

 

一般的な食品では、鶏肉やゼラチンに含まれています。

【乙女のすっぽん 第7号】風邪対策していますか?

皆さまこんにちは。
乙女のすっぽんメルマガ担当の佐々木です。
いかがお過ごしですか?

寒い季節となりました。
「寒い!」寒い!」と上着を着たり、
エアコンの温度を上げる男性のそばで、
「え?そんなに寒い?」と寒さが気にならないことが
ここのところ立て続けにありました。

通常、女性の方が体が冷えやすいはずなのですが、
どうやら冷えに強い体になってきているようです。
これもきっとスッポンのおかげ☆と内心にんまりしています。

体温が1度上がるか下がるかで、
免疫力が格段に変わってくるほど、
人間の体はデリケートです。
好きなことができるのは、健康な心と体があっての事。
大切にしたいですね。

さて、これから風邪が流行る季節ですね。
受験生がいるご家庭は特に風邪対策が気になるのではないでしょうか。

看護婦免許をもつうちの母に風邪対策について聞いたところ、
やっぱりなんといっても一番の基本は
「うがい」「手洗い」「鼻洗い」だそうです。
「うがい」「手洗い」はよく聞きますが、
「鼻洗い」もかなりの効果があるそうです。

手のひらにためた水を鼻で吸い、
フンっ!フンっ!と片方ずつ鼻をかむようにして、
鼻の中を洗うのです。
これだけでもだいぶ違ってくるそうです。

先日、私はのどが痛くなってしまいました。
もともと、のどが弱く、季節の変わり目には温度差でアレルギー反応を起こして、
気管支炎になることがあります。
つばを飲み込んでも痛いくらいだったので、
「やばいなー。こじらしそうだな―。」と思っていたのですが!

しつこいくらいにうがいをしてみました。
(イソジンを使いました。)

・朝起きてうがい。
・朝ごはんの後にうがい。
・10時ごろうがい。
・お昼ごはんの後にうがい。
・15時ごろうがい。
・帰宅してうがい。
・夜ごはんのあとにうがい。
・お風呂でうがい。
・寝る前にうがい

そして、寝る時は乾燥しないようマスクをしました。

するとなんと!
いつもは、のどの痛み⇒鼻水⇒咳⇒しばらく風邪
というパターンだったのが、
のどの痛みが引いて、元気いっぱいです。

私の感触としては、食事の後のうがいがかなり大切なような気がします。
うがい、侮れません。

皆様も風邪など召さぬよう、
うがい、してみてくださいね。

「乙女のすっぽん」ご購入はこちら
http://suppon.me/

バリンの効果・効能

スッポンに含まれるアミノ酸、バリンがどのようなものかは前回お話しました。

今回は、バリンの効果・効能についてのお話です。

 

バリンは、様々な研究により、以下のような効果があると言われています。

1.筋肉の強化・修復

バリンは筋肉のタンパク質を構成するアミノ酸BCAAの一つです。

そのため、アスリートの中には積極的にこのBCAAである、

バリン、ロイシン、イソロイシンを積極的に摂取する人が多いのです。

 

2.美肌効果

コラーゲン同士を結び付ける繊維状のタンパク質に「エラスチン」というものがあります。

「エラスチン」はコラーゲンを結びつけることによって、

肌にハリや弾力を与えたり、しわやたるみの予防に働きかけます。

その、「エラスチン」を構成するアミノ酸の1つがバリンなのです。

 

3.肝臓の病気(肝硬変)を予防する効果

バリンには、肝臓の重い病気である肝硬変を予防、改善する効果があると言われています。

この病気になると、BCAA濃度が低下し、体内のアミノ酸バランスが崩れ、

それによって様々な病気を引き起こすと考えられています。

よって、BCAAの一つであるバリンを補給して、体内のアミノ酸バランスを整えることにより、

肝臓をはじめとした様々な病気を防ぐことができます。